【口コミ&体験レビュー】ウエラトーン2+1は本当にサロン品質?

  1. 白髪染め
  2. 1031 view

amazonで常に白髪染め製品の売り上げランキングトップ10に位置している人気の白髪染めが、ウエラトーン2+1(ツープラスワン)。カラーも豊富で明るくキレイに染められ、しかも髪の毛が傷みにくいと口コミでも評判です。

でも、その評判、果たして本当なのでしょうか?今回はそんなウエラトーン2+1の良い口コミと悪い口コミを集め、検証したいと思います!また、実際に使用したレビュー最安値で購入する方法も!?

白髪染めデビューしたいけどどれを選べば良いか悩んでいる人白髪染めに見えない白髪染めを探している人ニオイも傷みも気にならないヘアカラーを探している人、ぜひ参考にしてみてください!

 

1. ウエラトーン2+1(ツープラスワン)ってどんな商品?

ウエラトーン 2+1の基本情報
4~9番台のピンクブラウン系,オレンジブラウン系,ナチュラルブラウン系,マットブラウン系など全25色
内容量:A剤60g,B剤 60g,エッセンス7.3ml
定価:税抜 1,460円
1回あたりの金額(セミロング):全体染めの場合1,460円、部分染めの場合3回程度

ウエラトーン2+1は楽天やamazonで常に売れ筋上位に位置しているクリームタイプの白髪染め

口コミサイトの@cosmeでも2017年下半期には白髪染め・ヘアカラー・ブリーチ部門で口コミランキングNo.1を受賞しています。いまは家庭での白髪染めは傷みづらく染めやすいトリートメントタイプが人気ですが、そんな流れを覆してクリームタイプの白髪染めでNo.1になってしまうって凄いですよね。

でも、どうしてそんなに人気なんでしょうか?まずは特徴をチェックしてみましょう!

なりたい色に染められる♪25色の豊富なカラー


ウエラトーン2+1は酸化染毛剤1度のカラーリングでキレイに発色するタイプの白髪染めヘアカラーです。このタイプの白髪染めは、染める際には髪の毛を脱色するという工程があるため、暗い色の髪の毛でも明るいカラーに染められます

ウエラトーン2+1はカラー自体も多く、4番~9番までの7タイプのカラー全25色の中から選ぶことができます。そのため、パーソナルカラーなどを考慮した自分に合う色の髪色やなりたいイメージの髪色をチョイスすることができます。

「白髪がちょっとずつ目立ってきた」という人は、ブラックなどの暗い色に染めるよりもブラウン系の明るい色の方が白髪が目立ちにくくなるので、30代40代の白髪染めデビュー世代に特におすすめですよ。

もともと髪の毛が太く暗い髪色の場合はなりたい色見本よりも1つ明るめのカラーを、髪の毛が細かったり傷んでいたりという場合はなりたい色見本よりも1つ暗めのカラーを選ぶようにしましょう!

ミクロな粒子で色持ち6週間!

ウエラトーン2+1は髪の毛を脱色するのと同時に化学反応で髪の毛の内部に染料を閉じ込めることで染めていきます。そのため、ヘアマニキュアやカラートリートメントのように色落ちしてしまうことはありません

さらに、ウエラトーン2+1に含まれる染料の粒子は超ミクロなので、髪の毛の奥の芯近くまで入り込むことができ、深みのあるカラーに発色してくれます。奥深くから発色してくれているので髪色の変色や退色も防ぎやすいというのは嬉しいですね。

メーカーでは「6週間は色持ちする」と公言しています。手間やダメージから「あまり頻繁に染めたくない」という人にも良さそうですね。

3剤式の白髪染めヘアカラーで、艶やかな染め上がり

ウエラ2+1のパッケージには、A剤+B剤+エッセンスという2つの薬剤と1つのトリートメントが入っています。だから2+1なんですね。

おもしろいのは、このエッセンスもA剤・B剤と一緒に混ぜるということ。エッセンスにはホホバオイルやアボガドオイル、ヒマワリオイルなどのオイルが配合されています。これらのオイルは髪の毛や頭皮の潤いをケアしてくれるので指通りもよくなり、頭皮へのダメージも抑えることができます。ウエラ2+1には「ほかの白髪染めより優しい感じがする」「髪の毛が傷んだ感じがしない」という口コミも多いですが、それはこのエッセンスのおかげなのかもしれませんね。

また、エッセンスで与えられる潤いは、染めたばかりの髪の毛のダメージを防ぐという効果も期待できます。ダメージを防ぐことができれば色持ちをアップさせることもできますよ。

リタッチにピッタリのクリーム。取り置きもOK!

カラーリングは全体染めばかりだと髪の毛が傷んでボロボロになってしまうので、全体染めのあとは髪の毛の伸びた部分だけ染めてあげるリタッチをしてあげるのが1番。

1度全体染めをし、その後2~3週間後に部分染めを2,3回繰り返してまた全体染めをする、というサイクルで染めてあげるとキレイな状態を維持しやすいですよ。

ウエラトーン2+1は垂れにくいクリームタイプなので、全体染めだけでなくリタッチにも使いやすいです。しかも、2つの薬剤もエッセンスも取り置きOKなので経済的ですし、「前回染めた時と色が違う」ということになりにくいですよ。

配合されている全成分

ウエラトーン2+1は1度でキレイに発色し、好きな色に染められ、色持ちも長いといいことづくめ。でも1つだけ気をつけたいことがあります。それが”アレルギー“。

下写真にあるように、アレルギー反応がでやすいジアミンも配合されていますし、金属アレルギー持ちの人が注意すべきヒドロキシエタンジホスホン酸も配合されています。以前一度でも「染めているときにピリピリした痛みがあった」「染めた後もかゆみや赤みがあった」という経験をしたことがある人はアレルギーが悪化してしまう可能性がありますので使用は控えるようにしましょう。


配合成分はカラーによって染料部分は異なりますが、それ以外の活性剤などは変わりません。購入前にしっかりチェックし、使用前にはあらかじめパッチテストをするようにしてください。

2. ウエラトーン2+1(ツープラスワン)の使用方法


ウエラトーン2+1は「クリームタイプの白髪染めだから難しそう」と思う人もいるかもしれませんが、ポイントさえ押さえれば簡単にムラなくキレイに染められます

そんなポイントを交えつつ、全体染めの使用方法をまとめてみました。

ステップ① 白髪染めをする準備をする

服や部屋が汚れないようにカバーをし、染まりやすいように部屋の温度を20~30度に調整しておきます。髪の毛が長い人はあらかじめブロッキングしておきましょう。

次に薬剤を作っていきます。トレーにA剤とB剤を同量ずつ混ぜ、20gごとに1目盛り分のエッセンスオイルを加えてください。A剤・B剤のチューブにも目盛りがついているので、量をはかる時の参考にしてください。

ステップ② 混合クリームを塗る

液を作ったら髪の毛に塗布していきます。生え際→分け目→側頭部・後頭部の順で塗っていきましょう。

塗る時間の目安は、長くてもトータルで20分。それよりも時間がかかってしまうと混合クリームの化学反応が終わってしまい、うまく染まらずムラになってしまうことがあります。気をつけましょう。

1. 生え際

薬剤を塗るのは前髪~耳周りの生え際から。

ブラシの柄の方で髪の毛を分け(大体2cm程度)、ブラシ部分で根元~3cmくらいの根本部分に地肌につくくらいたっぷりの量で塗っていきます。メーカーさんによるとブラシは寝かせるようにすると薬剤がたっぷりつきやすくなるそう。ぜひ試してみてください!

耳周りは、髪の毛をかき上げるようにしてつけると◎。毛の流れに沿うように塗っていきましょう。

2. 分け目

生え際を塗った後は、白髪が目立ちやすい分け目部分を塗っていきます。

分け目の両端の髪の毛の根本部分に多めに薬剤を塗布しましょう。

前側からつむじ部分まで塗布したら、そのまま後頭部の分け目部分(2つくくりして見えるようになる分け目部分)まで薬剤を塗っていってください。

3. 側頭部・後頭部

後頭部は、襟足から頭頂部の順で少しずつ塗布していきます。

薬剤はブラシで根本につけ、反対側のコームで毛先まで伸ばしてください。

ブロッキングによっては側頭部と後頭部が別だという人もいると思いますが、後頭部側から塗布した方が塗りやすく、ムラなく染められます。

4. 髪全体になじませる

全てに薬剤を塗布できたらコームで髪全体をとかし、全体に馴染ませていきます。この時、「米」を描くようにタテ・ヨコ・ナナメに交差させながらいろいろな方向にといてあげると全体にキレイに塗布でき、全体的に馴染みやすくなるそう。

コームでとく時には地肌を傷つけないように気をつけてくださいね。

ステップ③ 放置してカラーを定着させる

髪の毛に塗り終わったら、20分~30分放置します。

髪の毛が固く太い人は染まりにくいので放置時間は長めに、髪の毛が柔らかく細い人は染まりやすいので放置時間は短めにしましょう。ただし、放置時間を過ぎてしまうと髪の毛や頭皮へダメージを与えてしまうことになりますので、時間は厳守するようにしてください。

ステップ④ しっかりすすぎ、シャンプー&トリートメント

時間がきたら、シャワーとシャンプーで薬剤を落としましょう。シャンプーは地肌からしっかり洗ってあげてください。心配な人は2度洗いしてもOK。

その後、トリートメントをすれば白髪染め完了です!

3. ウエラトーン2+1(ツープラスワン)の口コミ

カラーが豊富で「サロンのようにキレイに染まる」ということから人気のウエラトーン2+1ですが、実際にはどうなのでしょうか?良い口コミと悪い口コミをピックアップしてみました。

ウエラトーン2+1の良い口コミ

まずは、ウエラトーン2+1の良い口コミから。

○ 40第前半女性の口コミ カラーが豊富!使いやすくてキレイに染まる!

白髪染めだと選べるほどカラーがないと思っていたので、ピンク系からアッシュ系まであるウエラトーン2+1の豊富なカラーに驚きました。クリームはこってりと固めのテクスチャーで、液だれせず塗りやすかったです。1剤2剤を混ぜたときにニオイがしなかったのもポイント。20分程度の放置で6PBのカラーがしっかり入り、白髪と黒髪部分のなじみも良かったです!使いやすくてキレイに染まるのが1番ですよね。

○ 40代後半 女性の口コミ 染まりに白髪もムラもなく、キレイな仕上がり

ウエラトーン2+1はムラなく染められ、明るいブラウンでも根本からちゃんと色が入ってくれます。7番8番の色でキレイに染められるのは嬉しいです!しかも明るい場所では天使の輪が見えるほど艶々ですし、色持ちも◎。今まで使用した白髪染めの中で1番仕上がりがキレイなので、何度もリピートしてます♪

○ 30代後半 女性の口コミ ニオイも刺激も気にならない!

自宅での白髪染めの鼻をつくようなニオイがどうしてもダメでしたが、ウエラ2+1はそんなに気にせず使えました。ヘアカラーなので頭皮への刺激も心配でしたが、痛みやかゆみを感じることなく快適に染められました。染めた後には髪の毛もサラサラになり、自宅で染めたとは思えない仕上がりになりました。「ヘアカラーは髪の毛が傷む」と思っていましたが、そんな常識を変えてくれる白髪染めです。

良い口コミのまとめ

ウエラトーン2+1の良い口コミをまとめると、

・カラーが豊富
・こってりのテクスチャーで液だれがない
・ニオイはあるけど、ツンとする嫌な臭いではない
・白髪も黒髪もキレイに染まり、ムラのない仕上がり
・1ヶ月以上退色もなく、キレイが持続する
・髪の毛の傷みが気にならない

とのこと。

口コミでは30代後半~40代後半の人が多いのが印象的でした。カラーが豊富ならオシャレを我慢せずに楽しむことができますから「そろそろカラーリングを白髪染めにしようかな・・・。」と考えている人も敷居が低いのかもしれませんね。

良い口コミのうち、特に染め上がりのキレイさについては9割くらいの人が話していました。セルフの白髪染めでそんなにキレイに染められるなら、ぜひとも試してみたいところですよね。

ウエラ2+1の悪い口コミ

続いて、悪い口コミです。

× 40代前半 女性の口コミ 肌がかぶれてしまいました

ウエラトーン2+1はしっかりと思った色に染まりましたが、生え際全体がかぶれてしまいました。治るまではどの白髪染めもできなくなるのが辛い・・・。使用前には必ずパッチテストをすることをおすすめします。

× 40代前半 女性の口コミ 混ぜるのが手間

一緒に入っている美容液のおかげか、髪の毛のダメージも気にすることなく染められました!ただ、A剤とB剤、エッセンスを正しい量混ぜられているのか不安になってしまいます。全体に染める時には全部使ってしまっても良いかな、という感じはしますが。こういったトレーで混ぜない白髪染めもあるので、手間が嫌だという人はそちらを使った方が良いのかもしれませんね。

× 30代後半 女性の口コミ 他製品よりもちょっぴり高め

分け目の白髪が気になりはじめ、今回はじめてウエラトーン2+1で白髪染めをしました。キレイなピンクブラウンに発色してくれたので「本当に白髪染め!?」という感じです。ただ、お値段が他の製品よりもちょっと高めなので、もう少しいろいろ試してみたいなと思っています。

悪い口コミのまとめ

ウエラトーン2+1の悪い口コミは、

・アレルギーが起こる可能性がある
・薬剤を混ぜるのが手間/難しい
・ほかのヘアカラーよりも高い

などが挙げられていました。

アレルギーがあった場合、頭皮にダメージがあるだけでなく白髪が増える原因になってしまうこともありますし、頭痛や吐き気などの症状が現れることもあります。「アレルギーなんてない」と思っている人も、必ず使用前には二の腕などの目立たない場所でパッチテストをするようにしましょう。

また、ウエラ2+1は、エッセンスや配合成分からか、ドラッグストアで売られている他の安価な白髪染めヘアカラーの2~3倍くらいの金額に設定されています。ただ、サロン品質のカラーリングができると思えばそんなに高くないのかも・・・?でも、カラートリートメントよりも安いのは確実。クオリティにこだわるなら、あまり出費は痛くなさそうです。

4. ウエラトーン2+1(ツープラスワン)を使ったレビュー

インターネット上では「キレイに染まる」「傷まない」などのレビューが多いウエラトーン2+1。でも、本当に口コミでいわれている程凄いのでしょうか・・・?そこで、実際に使って使用感や染まり具合などを確認してみました!

ウエラトーン2+1の見た目


ウエラトーン2+1は写真のA剤、B剤に加え、黄色いボトルのオイルが入っていました。チューブやボトルの横には3等分出来る場所に線がかかれていて、全部その線までぺったんこにしたら同量の染料を作ることができます。A剤やB剤は柔らかそうなチューブに見えるかもしれませんが、固くて一度押したらつぶれてくれます。なので、中身は見えなくても少量ずつ作ることができます。(チューブが透明ならもっと分かりやすいかもしれませんが・・・。)リタッチの時でも安心ですね。

薬剤の量は、1つのパッケージでセミロングの全体染め1回分。今回は全体染めをするので、全部まとめて使い切ってしまいました!

ウエラトーン2+1のテクスチャー

今回使用したのはウエラトーン2+1のクリームタイプ。しっかりとした垂れにくいテクスチャーなので、生え際や分け目に塗りやすかったです。色々な口コミでもいわれていますが、カラーのリタッチに向いていますね。

ただ、薬剤が垂れない分、全体に伸ばすのはちょっと大変。部位ごとにきちんとブロッキングしてから染めた方が良さそうです。ショートやセミロングでも、ブロッキングをしておくと後ろ髪が塗りやすくなりますよ。

こういったしっかりしたテクスチャーの薬剤は、地肌につくことを気にせずブラシが隠れるくらいたっぷりと薬剤をとって塗布するようにし、あとでコームで毛先までといてあげるようにすると、全体にムラなく伸ばすことができます。

ウエラトーン2+1の使用感

ウエラトーン2+1には、コームブラシとナイロンの手袋がついています。コームブラシはセルフの白髪染めがしやすい小さいサイズ。ナイロン手袋は大きめのサイズですが、手の水分でピッタリと吸着してずれることはありませんでした。小物を別途で購入しなくても使いやすいものがセットになっているのは嬉しいですね。

ニオイは・・・。口コミでは「気にならない」というのが多かったですが、結構鼻につくニオイはあります。ちょっとフローラルっぽい香りもあるので軽減はされている感じはありますが、染める時にはちゃんと換気しながら染めることをおすすめします。

塗布する時はもちろん、全体にのばしたあとに垂れてしまうということもありませんでしたし、すすぎもキシキシすることなく快適でした。シャンプーとトリートメントをしたら、本当に染める前よりもサラッサラになりました。

ウエラトーン2+1の頭皮への刺激


ウエラトーン2+1は、染めている途中に「ピリピリする」といった痛みを感じたり染めた後に「かゆみや赤みがある」ということはありませんでした

金属アレルギーがあるので、戦線恐々としながらパッチテストをしたんですが、なんともなく染められてホッとしました。アレルギー体質の人は要注意だといわれている白髪染めヘアカラーですが、あるメーカーさんの白髪染めトリートメントでもかゆくなったことがある私からいわせてもらうと、よっぽどウエラトーン2+1の方が低刺激でした。

ウエラトーン2+1の染まり具合

今回選んだカラーは6CL。うっすらと黄色っぽい茶色にしたいな、と思って選びました!もともと赤みが強く出てしまう髪質なのにちゃんと黄色っぽく染められました。白髪も黒髪もいい具合に馴染んでいますね。

放置時間は20~30分ですが、寒かったのでラップを巻いて27分くらいで流してこんな感じの染まり具合です。なかなか見本に近いカラーなんじゃないでしょうか?使用前後でわかるように、髪の毛のツヤ感もマシマシで、大満足です!

口コミどおり、髪の毛へのダメージは全く感じられませんでした。

レビューのまとめ

ウエラトーン2+1は垂れにくいテクスチャーで、小道具も使いやすいものばかり。今回はじめてクリームタイプの白髪染めを使いましたが、ちゃんとムラなく染められました。クリームタイプデビューの人にも良い白髪染めかもしれませんね。

口コミでもあったように、実際に使用してみても、頭皮や髪の毛へのダメージは感じられませんでした。それどころか、ツヤツヤきれいな仕上がりになりましたよ。

オイルなどのおかげかほかの白髪染めヘアカラーよりもお値段は高めですが、取り置きができるのでリタッチで使っていくとかなりお得感があります。

ただ、ニオイとアレルギーには注意した方が良さそうですね。黄色っぽいカラーもちゃんと出るので、赤みをおさえたカラーリングをしたいという人にもおすすめですよ。

5. ウエラトーン2+1(ツープラスワン)を購入するならどこが良い?

ウエラトーン2+1を調べてみると、amazonの人気ランキングに常にランクインしているのも納得なほど口コミでの評価が高いことがわかりました。セルフケアで髪の毛をあまり傷ませずにキレイに発色させられるなら、ぜひとも試してみたいですよね。

そんなウエラトーン2+1はドラッグストアでも販売されています。お店や時期にもよると思いますが、お値段は大体定価通り1,580円(税込)となっていることが多いようです。

それでは、インターネットを利用した場合はどうなのでしょうか?下図はウエラトーン2+1のamazon、楽天、yahooのお値段の比較です。

ショッピングサイト 最安値 サイトで見る
 

amazon

 

1,400円 + 送料400円
定期お得便なら1,260円+送料無料

 

 

楽天

 

 

1,379円 + 送料899円

 

 

yahoo!

 

1,358円+送料645円

 

※価格は全て税込表記。

上記の通り、amazonの定期お得便が最安値。そのほかの購入方法では送料がかかってしまうため、ドラッグストアでのお値段の方が安いようです。

amazonの定期便お得便はamazonの1度の購入でアカウントサービスから解約することもできますので、試しに使ってみたいという場合でも良さそうです。それに、白髪染めヘアカラーは、1度使ったら余程「肌(髪)に合わない」ということがない限りはリタッチを2,3回繰り返すことになると思います。それなら、継続しやすい定期便を注文してしまっても良いような気もしますね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。